FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世紀の愚策

麻生首相の高速道路通行料土日一律1000円と生活支援金給付は世紀の愚策としか言いようがない。連立の相方公明党からの強い要望らしいが、こんなプランを得意げにひけらかす一国の総理にはほとほと愛想が尽きる。まさしく選挙目当ての悪あがきだ。

高速の通行料1000円は日曜祭日限定でETC搭載の乗用車だけだというではないか。しかも首都高や東名などは除外される。実際に走ってみれば分かるが、ETCレーンを利用する乗用車は多めに見積もっても50%程度だし、頻繁に高速を利用する車以外はそんなもの搭載する必要が全くない。ETCを搭載するには少なくとも5000円以上はかかるのだ。

聞くところによると、ETCを推進している機構には国交省のお役人どもがどっさり天下りしているそうだ。イマイチ普及に弾みがつかないETCをもっと搭載してほしいという政治的思惑が強い案だとしか思えない。諸外国の例を待つまでもなく、こんなものは無料で搭載できるようにすべきものだ。

生活支援給付金にいたっては、藤原新也氏がブログで言っているとうり、まさに子供だましの愚策としか言いようがない。こんなことしか思いつかない首相はさっさと総選挙をやって表舞台から引き下がっていただきたい。

以下 "Shinya Talk"(2008/11/02 Sun) から引用する。
「100年に一度の経済危機という言葉を吐きながら、採った政策が国民一人当たりに一律1万2千円の給付金を配る。日曜祭日はどこまで行っても高速道路1000円。
 わが耳を疑った。ナニそれ?
 まるで小学生が考えるような場当たり的政策、いや政策というより”思いつき”。
 政局より政策と口癖のように言いながら政策を政局にすりかえるという姑息さはあのねじれ飴のような人相にぴったり。これは公の元で大っぴらにできる税金を使った全国規模の選挙対策の贈収賄以外のなにものでもない。百歩ゆずって政策であったとしても貧困、無能、さらに言えば財務金融担当大臣の中川を含め2バカ閣僚のご乱心であり、アホなトップをいただく国民の不幸はまだ続くのかと思うとうんざりだ。同じく無能であった小渕内閣の時のばらまき政策時のように金を与えても使うとは限らないとわかっているわけだから2ヶ月間有効の「時限金券」のようなものを発行するくらいの芸はやってほしいのだが、そういう学習能力もないらしい。」
藤原新也オフィシャルサイトより)

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

安井 武

Author:安井 武
フェルデンクライス研究会主宰
FCJ(Feldenkrais Club Japan)
演出家(劇団俳優座)
IFF 認定 Feldenkrais Practitioner

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
QRコード
QR
FCJへのご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
total
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。