スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第37回京都ワークショップ開催にあたって

続・動きの再学習


間もなく第37回の京都ワークショップを迎えます。つい先日36回を終えたばかりの気持ちですが、時の経つのは早いものです。今回も皆さまのご期待に背かないレッスンをできるよう、いろいろ準備に取りかかっています。


前回はハヴァ・シェラブさんのATMシリーズを取り上げました。ハヴァさんの著書A GUIDE TO AWARENESS THROUGH MOVEMENTに基づいて、モーシェ・フェルデンクライスの多彩なレッスンを参照しながら、私なりに「動きの再学習」をテーマにワークショップを行いました。その結果、是非これをレッスンCDにして欲しいというご意見が多数ありまして「心をひらく体のレッスン・第6集」としてリースしました。お陰さまで多くの方々からご注文をいただき大変嬉しく喜んでおります。


ハヴァさんの著書では、人間の発達過程、つまり人が誕生し成長するプロセスに沿ってレッスンが配置されています。よく知られていることですが、人間は生まれてから身につけること、後天的に習得すること、すなわち「学習」することが他の動物に比べて格段に多いのです。立って歩き始めるまでに人間は通常1年前後かかります。人間の発達過程の初期の1年間は、殆ど動きの学習過程であると言ってもいいぐらいです。

しかし、成長するにつれひとは間違ったことを習得する、不自然な学習をすることを避けることができません。そのため、私たちは改めて生まれたときにもっていた自然な学習過程を再体験することで、間違って身につけてしまった不自然なものから自由になることが大切になります。


動きの再学習のプロセスを判りやすく簡潔にまとめたハヴァさんのレッスンには、フェルデンクライス・メソッドのエッセンスが豊かに凝縮されているのですが、前回は全体の約半分程度しか紹介できませんでした。今回は残りの半分のレッスンを中心に、関連するテーマをモーシェの膨大なレッスン群を参照して「続・動きの再学習」と名づけて行う予定です。次回の京都ワークショップが私にとっても皆さまにとっても、冒険と発見に満ちたものになりますよう心から願っております。

[京都ワークショップの詳細は以下のページをご覧下さい]
http://feldenkrais.web.fc2.com/Pages/kyoto_wshp06.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

いつもありがとうございます

京都のレッスンいつもありがとうございますv(o^▽^o)v身体の中から、心も自由に開かれて行きます☆携帯でもチェックできるようになって、嬉しいO(≧∇≦)oです。今年のレッスンも、とても気持ちよかったです。ありがとうございます(*´▽`*)
プロフィール

安井 武

Author:安井 武
フェルデンクライス研究会主宰
FCJ(Feldenkrais Club Japan)
演出家(劇団俳優座)
IFF 認定 Feldenkrais Practitioner

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
QRコード
QR
FCJへのご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
total
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。