FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼のレッスン その1

眼の疲れをとるために

暑い日が続きます。寝苦しい夜、ついついテレビに付き合って夜更かしとなる、そんな日の翌日は確実に眼が疲れています。間もなくオリンピックも始まりますから、ますますテレビを観ることも多くなりますね。北京は時差1時間ですから、まだ救いがありますが・・・。

そこで眼の疲れをとる簡単な方法をふたつ紹介しましょう。

A:眼の日光浴

文字通り眼を日光にさらす方法です。まず眼鏡やコンタクトをしている方は取り外すこと。最初は太陽が余り高くない位置にある朝や夕方の時刻に行うのがいいでしょう。

まず太陽に向かって両足でしっかりと立ち、眼を閉じて、体をゆっくりと左右へ回します。すると回転につれて左右の眼が交互に明るくなったり暗くなったりします。

動きをゆったり連続して続けながら、まず顔と瞼に感じる温感に注意を集中し、それから次第に注意を下へ移動し、両足にかかる体重の変化、腰の回転、胸と肩の回転、首から頭の動きの変化に順次注意を移動します。

最初の日は眼を閉じたまま5分以内にとどめ、翌日からは徐々に長くし、10分ぐらいまでにとどめること。1週間ぐらい続けたら眼を開けたまま行ってもいいが、最初の2分ぐらいは眼を閉じたまま、それから片目だけ開けて2分以内。それから両目を閉じて2分程度。それから他方の眼を開けてやはり2分程度。また再び両眼を閉じて2分。以上、全身をゆっくり回転させながら行うこと。時間は多少短くても長くてもかまいませんが、気持ちの余裕を持って行って下さい。

強い日差しの時、直接太陽に眼をさらすのは危険ですから、何週間かかけて徐々に慣らすようにして下さい。あるいは薄めのサングラスを使用するのはかまいません。

B:眼にフタをする

眼の日光浴が終わったら、床に仰向けになって、両膝を立てた方が楽ならばそうしてもいい。その姿勢で、両手で小さなカップを作るようにして、軽く眼に当てて外の光が入ってこないようにする。眼を開けても真っ暗になっていること。手を無理に顔に押しつけないで、鼻梁に沿って両手の小指側を軽く当て、眼球を圧迫することがないように両掌を丸めて眼に覆いをする。もし仰向けになる場所がない場合には、ゆったりした椅子に座って行っても、また床に座って、あるいは壁や家具などにもたれた姿勢でもかまいません。

全く外光が入ってこない真っ暗闇を2~3分から数分間見つめます。そこには何が見えるでしょうか? 最初は花火のようにチラチラするもの、あるいは光のもやもや、その他いろんなものが浮かび上がったり消えたりするかもしれません。それが徐々に変化するでしょう。そのうち眼の緊張がとれてくるにつれて、視界は次第に真っ暗闇に近くなってきます。

眼の日光浴をする時間がないときは、こちらだけを行っても眼をリラックスさせる効果が大いにあります。眼が疲れたなと感じたときは日に何度でもいいですからこれを試してみて下さい。

以上は以前言及したベイツ・メソッドの基本で、これだけを毎日実践すると、1ヶ月も経てば驚くほど眼の働きが改善されます。

  このオンライン・レッスンは今後継続していくつもりです。
  5分か10分程度でできる短いレッスンを紹介する予定です。
  何かご希望があれば、遠慮なくご連絡ください。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

安井 武

Author:安井 武
フェルデンクライス研究会主宰
FCJ(Feldenkrais Club Japan)
演出家(劇団俳優座)
IFF 認定 Feldenkrais Practitioner

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
QRコード
QR
FCJへのご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
total
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。