FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄の基地問題について想う

アメリカ軍の沖縄基地に関する問題がやけに話題になっている。日本政府の方向性が見えないのがいけないことのように、メディアは騒いでいるが、なぜそれほど結論を急がなければならないのか? 過去何年も引き延ばされた課題が、政権が変わった途端、いきなり解決するなんてことは常識で考えてもあり得ない。日米合意というが、政権が変わったのだから、外交政策に修正や変更が加わることは致し方ない問題だ。新しい合意を目指すにはどうすればいいかを互いに探るしかないだろう。

鳩山内閣が直面する難問は他にもいろいろある。それは致し方ないことだと思う。なぜなら半世紀以上にわたるほぼ一党支配に幕を引き、新たに出発するには、即決できない問題が多いのは当然だ。拙速を避け十二分に時間をかけて、その他の多くの問題も含めてよりよい方向性を見つけるべきだと考える。

勿論、素早い対応を求められる問題は数多い。それらに比べて沖縄の米軍基地問題はそれほど緊急の課題ではない。急いでいるのはアメリカ側であって、それはそれなりの事情はあるわけだが、それをタテに日本政府の対応にさんざん文句を言ってアメリカ側に義理立てしているメディアや評論家たちはおかしいと思う。アメリカの高官たちの居丈高な態度もよくない。日本人の潜在意識の中に潜んでいる反米感情をかえって煽る結果にならないかと懸念する。これではますます問題がこじれるばかりである。

この問題はしばらく先送りして、互いに頭を冷やすのが次善の策だ。

これに関連して触れておきたいのは、その後のオバマ大統領の支持率低下の問題だ。ノーベル平和賞の演説「よい戦争とわるい戦争」という演説を聴いて落胆したのだが、アメリカでの世論調査では、米軍のアフガン増派についてだけは支持率が高いらしい。ブッシュ政権の国防長官を再任したときからすでに感じていたが、もしかしたら前任者と似たような運命をたどるかもしれない。産軍複合体の目に見えない圧力も含めて、オバマは危険な曲がり角に差しかかっている。いや、もしかしたらすでに曲がってしまったのかもしれない。そうであってはほしくないが・・・。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

安井 武

Author:安井 武
フェルデンクライス研究会主宰
FCJ(Feldenkrais Club Japan)
演出家(劇団俳優座)
IFF 認定 Feldenkrais Practitioner

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
QRコード
QR
FCJへのご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
total
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。