スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「動きと声の基礎レッスン」について

テアトロ連載中の「動きと声の基礎レッスン」は好評のようで喜んでおります。現在第7回目の掲載誌が発売中です。興味のある方は是非書店や図書館などで手に取ってご覧下さるようお願い致します。お読みいただいた方からは、いろいろご感想などもいただいております。この場を借りて改めてお礼を申し上げます。

各回とも、一つのテーマに基づいて、実際のレッスンそのものを再現するという書き方をしておりますので、それがとても分かりやすいというご感想を多くいただいています。この連載は、すでにレッスンCDとして出している同じタイトルのレッスン集「動きと声の基礎レッスン・第1集」の内容をもとに、新たに加筆しました。できる限りレッスンの臨場感を味わえるように配慮しています。実際に書いてある通りに進行すればいいという形になっていますので、自分で録音して使うか、誰かにその場で読み上げてもらうかすればいいかもしれません。

この連載は、当初全9回の予定で書き始めましたが、好評につきもう少し続けてほしいという要望があります。どのような内容で延長するか、いま構想中です。

また、FCJの講習会でも取り上げてほしいという希望があります。いずれ近いうちに具体的な形でお知らせできると思います。FCJの会員の方には毎月のメールマガジン「FCJ通信」で、またこのブログやFCJのホームページでもお知らせします。

なお、月刊「FCJ通信」をご希望の方は、左欄のメール・フォームからご連絡下さい。発行ごとにお送りいたします。

スポンサーサイト

保温調理器など

昨年来の体調不良のせいでやむを得ない場合を除いて自宅にいる時間が増えたこともあって、自然に台所に立つことも多くなりました。料理というものも、やりだすと面白くなって、いろいろ調べて目新しいものに挑戦すると、結構楽しくて最近はかなりはまっています。

玄米菜食といっても、マクロビとかゲルソンなどのような厳格なものではありませんが、手近な食材で野菜中心のメニューを楽しんでいます。

料理となると当然火を使うわけですが、困るのはデスクワークやテレビに気を取られて時々ガスを使っていることを忘れてしまうことです。そのため料理や鍋を何度かダメにしてしまいました。

最近、そういう迂闊なにわかシェフのための力強い援軍を見つけました。一つは最近新聞広告などでご存じかも知れませんが、「スープリーズ」という代物です。材料を切り刻んで放り込み、調味料を加えて電源を入れて放っておくと、30分もすれば見事なスープが出来上がる、という優れものです。

もう一つは保温調理鍋です。調理用の内鍋と保温用の外鍋がセットになった調理器です。主として煮込み料理用ですが、内鍋に材料を入れて一度短時間沸騰させてから、保温用の外鍋に入れて30分なり60分なり放っておきます。外鍋は言ってみれば魔法瓶のようなもので、熱を逃さないので後は一度沸騰させた余熱だけできちんと調理するという代物です。ガス代の節約にも効果的です。

おかげさまで、台所に立っている時間をかなり短縮することができるようになりました。スープリーズは最近ほかのメーカーも参入しているようです。保温調理鍋はかなり多くのメーカーが出しているのを最近知りました。サイズも大中小と各種あります。




プロフィール

安井 武

Author:安井 武
フェルデンクライス研究会主宰
FCJ(Feldenkrais Club Japan)
演出家(劇団俳優座)
IFF 認定 Feldenkrais Practitioner

カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
QRコード
QR
FCJへのご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
total
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。