スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この1年をふり返る

早いもので気がつけば今年もあと何日かで終わります。

いろんなことがありました。わずかこの1年の間に、世の中の情勢はがらりと変化しました。自分のブログの見出しを拾ってみても、世界情勢から国内情勢、はては我が身の事情も含めて、今までにない激動に見舞われました。

世界情勢では、何と言ってもオバマ次期大統領の選出とアメリカに端を発した世界金融危機の深刻化です。ブッシュ大統領一人の責任ではないかも知れませんが、ブッシュの8年間は全世界を混乱の渦に突き落としてしまったと思います。8年前、彼が大統領に選ばれた時、また9.11でテロ撲滅を叫んでイラク戦争に突入したときに覚えた不吉な予感は現実のものになってしまいました。

昨今の未曾有の金融危機もその延長上のものだと言えます。実体経済からかけ離れた信用取引が雪だるま式に拡大したのは、信用取引を根幹とする現代資本主義のなれの果て、疲弊した体制の生み出したガン細胞のようなものだといってもいいでしょう。各国の利害を調整するはずの国連も、大国のエゴと開発途上国の上昇志向のはざまで呼吸困難に陥っています。

バラク・オバマ次期大統領がこの混迷をどのような戦略で切り開いて行くのか、世界は多くのものを彼に期待しています。

ひるがえって、わが日本では小泉首相のあと、僅か2年ちょっとの間に安部、福田、麻生と三人の首相の顔を見ることになりました。この間の日本の政治は小泉時代の中途半端で無責任な構造改革路線の負の遺産のせいもありますが、混乱の極みです。

特に麻生首相には、自分がどういう政治をやりたいのか、日本をどういう方向に導きたいのかという、宰相としての想像力が欠落しています。ああ言えばこう言う、こう言われればああ言うで、矛盾したことを口走りますが、その矛盾を矛盾として感じる感受性もないようです。今どきハローワークで若者を捕まえて「どういう仕事をやりたいのかをはっきり言わなきゃ……」としたり顔で説教してましたが、これはその最たるものでしょう。要するに戦後最も無能な総理大臣と揶揄する人もいますが、同感せざるを得ません。

ここまで書いてきて、一年の終わりに何だか愚痴ばかり書いていることに気づいて我ながらちょっと反省の気持ちが生まれてきました。でも、思っていることを腹の中に溜めておいてお目出たいことを言うのも虚しいばかりです。むしろ新年を迎える前に吐き出しておいたほうが身のためでもあります。

最後に私事についてですが、4月に「病といかに付き合うか」を書いて以来、そのことには全く触れずにきました。止めることのできない時間の進行の中で不可逆的に進行する身体という生命の営みに対して、多くの煩悶や渇望を味わってきました。しかし、今は望みを絶つことではなくて、現実を受け入れながら、あくまでも望みを希求することこそが生きることの意味だと考えられるようになりました。


スポンサーサイト

今年最後のレッスン アレクサンダー・ヤナイ集

今月からはアレクサンダーヤナイのレッスン集・第2巻を取り上げています。今日は今年の最後を締めくくるつもりで、#53と#55を予定していましたが、参加者の希望もあって変更し、番外の「全身ブリッジへの準備」と55番になりました。

A.ヤナイのレッスン集は全11巻で、これに550種のATMレッスンが収録されていることはすでにこのブログで紹介しました。これはモーシェが行ったレッスンの記録テープを忠実に文書化したものなので、繰り返しも多く、また説明は全部言い切らずに途中で終わったりしていて、何かが欠落している感じがする個所も多々あります。そのため読み取るのに結構苦労する場合もあります。しかし、それがかえって現場の臨場感を伝えてくれるようなところもあり、読み物として結構楽しいものになっています。

第1巻の50種のレッスンは過去の講習会で大体取り上げましたが、いくつかは手つかずのものもあります。最近プラクティショナーも増えてヤナイのレッスンもあちこちで取り上げられているようです。

私自身は一応巻順に取り上げるつもりですが、全部を忠実にやるのではなく、これはと思うものをピックアップして、2つのうち1つぐらいの割合でやっていこうと思っています。それにしても最終巻まで行くには、まだ200以上のレッスンをこなさなければなりません。前途遼遠です。

『自然な声を拓くー動きと声の基礎レッスン』連載第1回

先に予告しました「声のレッスンノート」は、タイトルを 『自然な声を拓く ―動きと声の基礎レッスン― 』と題して「テアトロ」新年号(12月10日すぎ発売)に第1回が掲載されます。「テアトロ」は演劇雑誌ですが、内容は演劇専門ではなく一般の方を念頭において書いています。

すでにフェルデンクライス研究会からリリースしている同じタイトルのレッスンCDがあります。それを一応土台にしながら、CDには収められなかったレッスンもかなり多く加わってくる予定です。 声のレッスンは過去にワークショップや講習会等で何回も取り上げてきました。今回の連載ではそれらの記録も参照しながら集大成のつもりで取りかかっています。

第1回は序論として「声のレッスン」の基本的な考え方をまとめましたが、それだけでかなり長くなってしまい、何とかウォーミングアップとしてのレッスン「呼吸への気づき」に辿り着いたような次第です。第2回目からは声のレッスンを段階を追って展開し、個々の課題を取り上げながら読むだけのものではなく、実際のレッスン方法を具体的に記述したものになります。 ATMの動きと声の課題を統合したレッスンを毎回1種類ずつ取り上げます。 なお、連載第2回のテーマは「声の土台をつくる」となります。


今後のレッスン日程

今年はレッスン会場が「なかのZERO」に変わり色々苦労もありましたが、会員の皆さまのご支援のお陰で何とか無事に1年の予定を終えることができそうです。

来年度からは千葉県市川市でも教室を開くことを計画しております。JR本八幡駅下車10分以内のところになります。都営地下鉄や京成線の駅もあって、交通の便はとてもよいところです。公共施設ですから希望通りに会場を確保するのは大変ですが、しばらくは中野教室と市川教室の2本立てでやって行きたいと考えております。レッスン内容はアレクサンダーヤナイのATM集を取り上げていきます。

ちょっと気が早いかもしれませんが、来年度もどうかよろしくお願い申し上げます。

□フェルデンクライス研究会FCJ講習会日程□

2009年度から新たに市川教室を設けることになりました。
会場は千葉県市川市文化会館となります。
JR・都営地下鉄の本八幡駅より徒歩10分以内です。
京成八幡駅からは徒歩12分程度です。

【2008年度】
12月 5日(金)13:30--16:00 なかのZERO多目的練習室
12月19日(金)13:30--16:00 なかのZERO多目的練習室
 講習料:1日2,500円

【2009年度】   第1部     第2部
1月17日(土)<13:00--15:00> <15:00--17:00> なかのZERO・多目的練習室
1月24日(土)<13:00--15:00> <15:00--17:00> なかのZERO・リハーサル室
1月31日(土)<13:00--15:00> <15:00--17:00> 市川市文化会館・和室
 講習料:第1部・第2部ともに各2,500円
    :通して参加する場合は4000円となります。

なかのZEROへのアクセスはこちら⇒
http://www.nices.jp/access/zero.html

市川市文化会館へのアクセスはこちら⇒
http://www.tekona.net/bunkakaikan/access.html

ブッシュからオバマへ

ヒラリー・クリントン新国務長官に

今やアメリカ国民の多数はオバマ大統領の登板を今や遅しと待ちこがれているようです。ブッシュ大統領はとりあえずマウンドに立ってはいますが、もう青息吐息でまともにボールが投げられなくなっています。野球と違っていくら打たれても、大統領の交代を命じる監督はいません。いや、有権者が監督なのだといえばそうですが、次に登板する投手を指名することはできても、ダメだからと言ってすぐに交代させる権限まではもっていませんね。大統領にはいくら打ち込まれても規定投球回数を投げきることが求められています。辞任するという奥の手を使って自らマウンドを降りる手もありますが、それは余りにも惨めな最後というべきでしょう。

先ほどのCNNによると、オバマ次期大統領は記者会見で新国務長官ヒラリー・クリントンをはじめ、主要な国務関係のスタッフを任命したことを発表しました。国防長官ロバート・ゲイツは留任することになりました。すでに発表されているスタッフを含めて考えると、内政・外交にわたってかなり細心な配慮をした布陣というべきでしょう。大統領選の熱狂から1ヶ月近くたち、クールで残酷な現実を前に、オバマ大統領がどのような舵を切るのか、期待をもって見守っていきたいと思います。

それに比べて我が国の政界はいったい何をやってるんでしょうかね。選挙をやれば負けるに決まってるから、なんだかんだと言い訳ばかりして引き延ばし、肝心なことは何もしない総理大臣がいて、取り巻き達は裸の王様を担いで威勢が上がりません。それに対して攻め込むべき野党側は、政局がらみの攻め手ばかりで、肝心の政策を前面に立てた攻撃を仕掛けないから盛り上がらないことおびただしい。党首討論などという場がありながら、解散総選挙を迫るだけの茶番劇に終わってしまいました。日本の今の危機的状況を打開するには何が必要なのかを政治家にはよく考えてもらいたいと思います。この閉塞した状況を打ち破る、元気の出る政策を打ち出せる政治家はいないのでしょうか? 私利私欲に走る小ものばかりが目立ち、大志を抱いた政治家がいるのだろうかと心細くなります。


プロフィール

安井 武

Author:安井 武
フェルデンクライス研究会主宰
FCJ(Feldenkrais Club Japan)
演出家(劇団俳優座)
IFF 認定 Feldenkrais Practitioner

カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
QRコード
QR
FCJへのご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
total
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。