スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼のレッスン その2

眼の動きを改善する

[姿勢]床の上に胡座、または椅子に座ります。全身リラックスして背筋を自然に伸ばします。水平線を見るように眼の高さの遠方に眼をやります。そのまま1~2分間、正面を見たまま静かな呼吸を続けます。以下のレッスンでは、自然で静かな呼吸のリズムを変えないようにして下さい。動きは全て眼を閉じたまま行います。

1:晴れた日の海辺に座っていると想像し眼を閉じて遠方の水平線をイメージします。

1a:正面遠方の水平線に1艘のヨットが見えます。そこから水平線に沿って右の方へゆっくり視線を移動します。視線に引っ張られるように頭も右へ回します。少しでも抵抗を感じたらそれ以上は回さないで止まります。正面の水平線を見るところまで眼と一緒に頭も戻します。この動きを眼を閉じたまま数回繰り返したところで右を見たままストップします。眼を開けて鼻がどの方向を向いているか確かめて下さい。

1b:再び眼を閉じます。頭は右へ回したままにして、眼だけ正面のヨットを見るところまで戻します。眼の動きにつられて頭が戻らないように、また呼吸が楽に続いているように注意して下さい。この眼だけの動きを数回繰り返します。眼は閉じたままです。

1c:眼も頭も正面に戻し、眼を閉じたまま何も考えないで右の方を見ます。2回繰り返したら右側を見たまま眼を開けて、鼻がどの方向を向いているか確かめて下さい。最初と比べてどのぐらい変わりましたか? 床に寝ころぶか、椅子の背にもたれて少し休息します。

2:同じく水平線に沿って右の方を見るのですが腰から上を意識して動かして下さい。

2a:右の肩を後ろへ、左の肩を前へ動かすとさらに右を、つまり右の後ろの方が見えます。胸にもねじれが生まれるように回します。眼は閉じたままにしますが、眼を意識して右から後ろを見る方向に動かして下さい。約10回繰り返したら右後方を見たままストップします。眼を開けて鼻がどの’方向を向いているか確かめて下さい。

2b:眼を閉じて肩と胸を意識して回して右後方を見ます。2回繰り返したら右後方を見たままストップします。肩や胸そして頭がもう少し回りそうだったらそうして下さい。しかし無理に回そうとはしないように。右後方を見た姿勢で眼は閉じたまま、眼だけを正面のヨットを見るように戻します。頭が一緒に戻らないように。数回繰り返したら、眼も頭も正面に戻し、眼を閉じて少し休みます。

2c:頭、肩、胸を回して右後ろを見たところで眼を開けて鼻がどの方向を向いているかを確かめて下さい。最初とどのぐらい変わったでしょうか? 仰臥、または椅子に座ったまま少し休んで下さい。

3:最初のように、正面の水平線上のヨットを見る姿勢になります。眼を閉じたまま右から後ろを見て下さい。2回めにストップして眼を開けて鼻の方向を確認して下さい。再び眼を閉じて、今度は左から後ろを見る動きを繰り返して2回目にストップして眼を開けて鼻の向いている方向を確かめて下さい。右と左でどう違いますか?

[以下、1(a.b.c.)と2(a.b.c.)の動きを左側で一通り行って下さい。]

4:全部終わったら座ったまま左右から後ろを見て比較します。最後に立ち上がってもう一度、左右から後ろを見て比較して下さい。どちら側の動きが楽ですか? いつもと比べてどう違いますか?

[眼のレッスン:その2の終わりです]


スポンサーサイト

星野ジャパンの敗北に思う

今回の星野ジャパンの準決勝敗北はまさに醜態としか言いようがありません。

みんなほんとに金メダルが取れると思っていたのでしょうか? メンバーの人選を見たときから、これじゃヤバイという予感がしました。そしてフタを開けてみると、不吉な予感は完璧に的中してしまいました。

まず人選ですが、何を基準に選んだのかが分かりません。これほど故障者の多い代表メンバーというのも前代未聞でしょう。満足に走れなかった川崎を筆頭に、新井、西岡、森野など、まだ完全に治癒してないメンバーが多すぎました。村田やGG佐藤を守備の要に起用したり、不調で痛い目にあった岩瀬を凝りもせず使って致命傷を重ねました。それに加えて悲しいかな、情報戦でも完全に負けていましたね。事前にやるべきことをやらなかったとしか思えないほど、相手を見ないで試合をやっていました。他にもいろいろ言いたいことはありますが、一言でいうと、スタッフはぼやけた色メガネをかけて人選をしたとしか思えません。

しかし今回の最大の敗因は、星野監督を筆頭に、彼の選んだ首脳陣と呼ばれる人たちでしょう。田淵氏や山本氏の華々しい現役時代は知っていますが、その後の業績は芳しいものではありませんでした。仲良しグループと揶揄されても仕方ないメンバーです。

まだ3位決定戦が残っていますから、それにはガンバってもらいたいですが、事前の大口が祟って、もはや銅メダルは敗北の証拠としか捉えないプロ野球ファンが大半ではないでしょうか。壮行試合でセリーグ選抜に完敗したときにでも、もう少し身のある自己点検がなされていればとも思いますが、全ては後の祭りでした。マスコミを巻き込んでの事前の宣伝活動は、余りにも空疎な空騒ぎだったとしか言えません。

うなだれて帰国するであろう体表選手達には、一言「ご苦労さまでした」と慰めのことばをかけてあげようと思います。

続きを読む

朝日カルチャーセンター10月期の案内

胸郭の解放と呼吸のレッスン

胸郭の解放はあらゆる人間活動の基本です。フェルデンクライスも言う通り「胸郭こそ、わたしたちの力の源泉である骨盤と、方向付けと意図的な動きの源である頭部とを結びつける鎖の輪」(モーシェ・フェルデンクライス著・安井武訳『心をひらく体のレッスン』p.90より)だからです。

この鎖の輪が自由に働かないと、自分の望む行動を自然に実行し、無理なく実現する能力を妨げることになります。なによりも自然な呼吸は自然な行動の土台ですが、胸郭の緊張は呼吸の働きを著しく制限してしまいます。

今回の講座では、胸郭の緊張を解きほぐし、自然な呼吸を取り戻すための土台となる4種の基本レッスンを11月と12月の二回に分けて行いますので、二ヶ月連続での参加をお薦めします。

【日時】
  2008年11月1日 12月6日 
  土曜日 18:30--20:30
  全2回 会員 5,880円  一般 7,140円(入会不要)

【場所】新宿住友ビル7階朝日カルチャーセンター
    [お申し込みは4階受付でどうぞ]

〈用意するもの〉 運動着上下(厚手のもの)、バスタオル1枚

朝日カルチャーセンター
〒163-0204 新宿住友ビル内 私書箱22号
東京都新宿区西新宿2-6-1 TEL:03-3344-1945
http://www.acc-web.co.jp

詳しくは:http://feldenkrais.web.fc2.com/Pages/acc_wshp.html


オリンピック

北京の祭典に想う

オリンピックもはや3分の1の日程を余すのみとなりました。

はじめさほど関心が深くはなかったのですが、各競技がヒートアップするにつれ勝敗の行方が気になってきて、今や完全にはまってしまい、家にいる限りテレビの電源は入れっぱなしです。全部観ていると何もできないので、前の日に予定を確認してどうしても観たいものだけをチェックしてねるのですが、眼が覚めると起き出す前にテレビの画面を観てしまします。

私は愛国心が薄いほうですが、気がついたら国粋主義者のように日本チームばかり応援している自分に気づきます。ナチスがベルリン・オリンピックを国威発揚の場にしてそれなりに成功したことを思い出します。今回、北京の祭典の開会式は相当にその種の強烈な意図を感じました。やや長すぎたのと凝りすぎたのが気になりましたが、それなりにかなりいい出来だったのではないでしょうか。メダル数でも中国は他を圧倒して終わりそうです。

思い返せば、私が物心ついた頃、中国共産党は主として東北部の農村地帯を根城にゲリラ戦を展開していました。それがあれよあれよという間に中国本土を席巻し、国民党軍を台湾へ追い払い、中華人民共和国の建国となり、その後は文化革命の混乱期を乗り越えて、21世紀は中国の世紀になるだろうと言われるまでになりました。

数々の矛盾を抱えていながらも、北京の祭典は今のところ中国の多くの人々にとって誇らしい成功と映っているのではないでしょうか。しかし、この華やかさに隠されている影の部分もやはりあるわけで、今後それとどう向き合っていくかは国家としての品格を問われる課題となるだろうと思います。


声のレッスン その1

声の響きをよくするために

姿勢:自由です。楽な椅子に座るか、床に寝ころんだ姿勢がいいでしょう。

1:ハミング:まず最初に柔らかい呼吸で軽く2~3回ハミングをして下さい。ハミングのポイントは口腔内(口の中)をやや広くすることです。舌の位置、顎の緊張に注意。唇は力を抜いて軽く閉じること。ハミングの響きをよく感じて下さい。

2:右鼻を閉じてハミング:右手人差し指で右鼻を軽く押さえて左の鼻だけで呼吸をします。2~3回呼吸を繰り返したあと、吐く息を柔らかいハミングに変えます。鼻から口の内部の空洞によく響かせて下さい。頭頂、額から眼・鼻の周辺、喉、胸、お腹など、響きの共鳴に注意を向けます。何回繰り返してもいいですが、疲れる前に終わって下さい。

3:左鼻を閉じてハミング:同じやり方で、まず右鼻だけで呼吸を2~3回繰り返し、楽な柔らかい呼吸でハミングを繰り返します。全身にハミングの響きがどう伝わるかに注意を向けます。無理に声を出そうとしないで、楽に響きが生まれるように心がけて下さい。

4:鼻を閉じないでハミング:最初に行ったハミングの響きと比較して、どのぐらい変化しいたか確かめて下さい。

9月のレッスン日程確定

8--9月のなかのZEROでのレッスン日程です。

月日   曜   会場 (第1部/第2部)
8月12日(火)午後 和 *13:30-16:00
8月17日(日)午後 多 13:00-15:00/15:00-17:00
8月24日(日)午後 和 13:00-15:00/15:00-17:00
8月28日(木)夜間 多 **18:30-21:00
9月11日(木)午後 和 *13:30-16:00
9月15日(休)午後 多 13:00-15:00/15:00-17:00
9月25日(木)夜間 多 **18:30-21:00

詳しくはフェルデンクライス研究会サイトの
レッスン案内をご覧下さい。
プロフィール

安井 武

Author:安井 武
フェルデンクライス研究会主宰
FCJ(Feldenkrais Club Japan)
演出家(劇団俳優座)
IFF 認定 Feldenkrais Practitioner

カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
QRコード
QR
FCJへのご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
total
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。