スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八年目の9・11に想う

もう8年も経ったのかと想う反面、まだ8年しか経っていないのかとも想います。歴史の歯車は一度狂うと、なかなか正常には戻らないと痛感します。今日のアフガンの事態は果たしてよくなっていると言えるでしょうか。このままでは、オバマ大統領のアキレス腱となりかねません。当時の「日録」を改めて読み返してみました。

【2001/09/21 23:17:29】
アメリカを襲った今回のテロ事件は、21世紀の今後を考える上ですごく重大な意味をもつことになるのではないでしょうか。政治・社会の問題というよりも、人間・文化・精神次元で過去の負の遺産をどう乗り越えるかという課題が全人類に突きつけられていると思います。それにどう対処するかによって、歴史は大きく左右されるにちがいありません。

最近のブッシュ大統領の言動は、どうしてもジョン・ウェインなんかの西部劇のヒーローにダブって見えてきます。それをかっこいいとみるか、単細胞と感じるかは、現在の世界をどうとらえるかにかかっているでしょう。

なぜこんな空前の悲劇が起こるのか、長年にわたって積み重なり、ねじれきってしまってる問題の根元を解決するにはどういう方向に進むべきかを、いまこそ考えなくては、21世紀は20世紀以上に血なまぐさい世紀になりかねません。報復を声高に叫び、軍事的解決を求めるのは、単なる対症療法にしかならないのではないでしょうか。

【2001/10/04 16:01:59】
アメリカvsタリバン・ビンラディンの一般朝刊紙には出ないような裏情報も気になるところだ。それにしても、各紙とも今にも戦争が始まるのを期待するかのごとき紙面作りはいかがなものか。「夕刊フジ」などに至ってはこの何日間か連日、明日にも戦争が始まるぞと煽り立てている。編集部の品格を疑いたくなる。

それにつけても、我が日本国の外交戦略はいったいどこにあるのか。ブッシュの尻馬に乗って右往左往する小泉総理の姿は滑稽でさえある。未だに支持率は高いようだが、一体なぜなのだ。政治家として、今まで何をやってきたかを思い返すと、威勢のよいかけ声ばっかりだったような気がする。

今回のテロ事件の根元がどこにあるかを冷静に考えれば、欧米の価値観とは異なる発想が出てくるはずなのだ。このまま突き進むと、報復と逆報復の悪循環に陥ることは目に見えている。そして、解決への道はますます遠のく一方だ。世界は経済的にも、政治的にも、文化的にも、ますます混乱し、道徳的にもますます腐敗の度を深めることになる。

スポンサーサイト

オバマ新大統領の登場

朝までテレビでオバマ大統領の就任式を観ていた。

彼の言動には人を感動させる何かが常にある。
その一言一言がひとの心を揺り動かす。
彼は類い希なる大政治家になるのではないか
と予感させるなにかを持っている。
昨夜はそのことを再確認することができた。

ブッシュからオバマへ

ヒラリー・クリントン新国務長官に

今やアメリカ国民の多数はオバマ大統領の登板を今や遅しと待ちこがれているようです。ブッシュ大統領はとりあえずマウンドに立ってはいますが、もう青息吐息でまともにボールが投げられなくなっています。野球と違っていくら打たれても、大統領の交代を命じる監督はいません。いや、有権者が監督なのだといえばそうですが、次に登板する投手を指名することはできても、ダメだからと言ってすぐに交代させる権限まではもっていませんね。大統領にはいくら打ち込まれても規定投球回数を投げきることが求められています。辞任するという奥の手を使って自らマウンドを降りる手もありますが、それは余りにも惨めな最後というべきでしょう。

先ほどのCNNによると、オバマ次期大統領は記者会見で新国務長官ヒラリー・クリントンをはじめ、主要な国務関係のスタッフを任命したことを発表しました。国防長官ロバート・ゲイツは留任することになりました。すでに発表されているスタッフを含めて考えると、内政・外交にわたってかなり細心な配慮をした布陣というべきでしょう。大統領選の熱狂から1ヶ月近くたち、クールで残酷な現実を前に、オバマ大統領がどのような舵を切るのか、期待をもって見守っていきたいと思います。

それに比べて我が国の政界はいったい何をやってるんでしょうかね。選挙をやれば負けるに決まってるから、なんだかんだと言い訳ばかりして引き延ばし、肝心なことは何もしない総理大臣がいて、取り巻き達は裸の王様を担いで威勢が上がりません。それに対して攻め込むべき野党側は、政局がらみの攻め手ばかりで、肝心の政策を前面に立てた攻撃を仕掛けないから盛り上がらないことおびただしい。党首討論などという場がありながら、解散総選挙を迫るだけの茶番劇に終わってしまいました。日本の今の危機的状況を打開するには何が必要なのかを政治家にはよく考えてもらいたいと思います。この閉塞した状況を打ち破る、元気の出る政策を打ち出せる政治家はいないのでしょうか? 私利私欲に走る小ものばかりが目立ち、大志を抱いた政治家がいるのだろうかと心細くなります。


第44代アメリカ大統領バラク・オバマ誕生に想う

ついにオバマ大統領が誕生した。

感無量である。2年前にはまさか黒人(アフリカ系アメリカ人)が大統領になるなんてあり得ないと思っていたが、予備選での言動を見ているうちに、こういう人物が大統領になれば、もしかしたらアメリカは変わるかもしれない、そして世界も変わるかもしれないと期待するようになった。そして今日、その期待が現実のものになる可能性の扉が開かれた。

シカゴのグランドパークに集まった20万人をはるかに超える支持者たち、興奮・熱狂し歓喜の涙を流す人々は、オバマも引用していたリンカーンの「人民の、人民による、人民のための政治」が実現するかもしれないという夢に酔いしれていた。引き続き全米各地で同じような光景が終日続いているという。

アメリカ全土で繰り広げられたオバマの選挙運動に加わった草の根のボランティアたち、インターネットを通じてオバマ支持のネットワークを積極的に開拓した多くの若者たちが、泡沫候補と思われていた一人の黒人上院議員を大統領に押し上げてしまった。

アメリカン・ドリームが富と名声という成り上がり者を目指すことと同義になって久しく、とりわけブッシュ政治のせいでますます強まった閉塞状況の下で鬱屈していたフラストレーションが一気に爆発したように思う。

いずれにしろ、オバマの勝利は人々に「世界は変えられる」という希望にあふれる夢を全世界に与えてくれた。現実はそれほど甘いものじゃないという声も聞こえるが、ひととき夢ぐらい見てもいいではないか。リアリストなんてくたばるがいい!

アメリカ大統領選あと1週間

夜中にテレビを点けたら、バラク・オバマの演説をライブでやっていた。久しぶりにオバマの演説を聴きながら、随分たくましくなり自信にあふれているのに驚いた。あと一週間で2年余にわたる長い選挙戦が終わり、アメリカ国民の審判が下る。ゴール寸前でありったけのエネルギーを振り絞っていることが小さなテレビ画面からでもひしひしと伝わってくる。

アメリカの大統領選挙戦は実に長期間にわたる。今まではなぜにこれほど長い選挙戦が必要なのかと疑問に思わないでもなかったが、今回異色の候補バラク・オバマが登場して俄然興味が湧き、時に応じてニュースをフォローするようになった。それで分かった。

この長期間の選挙戦こそがアメリカン・デモクラシーの本質なのだ。時には悪い面もあるかもしれないが、今回の選挙戦ではそれがきわめて有効に機能していると思う。候補者は予備選の混沌からやっとの思いで抜けだし、さらに本選挙戦では数々の厳しい試練を受け、いやでも政治家としての資質を試される。それらの試練を乗り越えたものが大統領に選ばれる。

過去、必ずしもそうならなかった例は多々あるけれど、今回はこの制度の良い面が機能したと思われる。まだ結果が出てないにもかかわらず、今夜のオバマの演説を聴きながらそう感じた。選挙戦の緒戦では理想主義者としての品格はあったものの、はたして泥臭い現実政治の荒波を乗り切れるのかという一抹の不安は拭いきれなかった。今夜のオバマには今までにない強靱な意志を感じた。もしかしたら、バラク・オバマはアメリカの歴史に偉大なる足跡を残す大統領になるのではないか。


米大統領選

オバマ大統領への期待

誰が大統領になとうと、所詮アメリカはアメリカ合衆国でしかないと思う一方、オバマが大統領になれば何かが少しは変わるかもしれないと期待を抱いたのは、テレビで初めてバラク・オバマの演説を聴いたときでした。昨年末、まだヒラリー・クリントンが圧倒的に有利だと言われていたころです。オバマの演説はきわめて理想主義的な言説を正面に立てて、一人一人の国民の心に向かって誠実に訴えかけるというものでした。それを意地悪く政治的な(政治戦略的な)スタイルだと見ることもできなくはなかったでしょうが、そういう色眼鏡を外してみると、久しぶりに人の心を揺り動かす政治家が現れたと感じました。

それから1年近く経ち、11月4日の本選挙まであと2週間余となったいま、オバマ大統領誕生は殆ど確実と思われるほどの現実味を帯びてきました。今日もコリン・パウエル前国務長官までが、オバマ支持を言明し、アメリカの有力新聞も次々とオバマ支持を表明しています。アメリカが震源地になった金融危機とマケインが副大統領候補にペイリン知事を選んだことは、マケイン陣営にとっては致命傷になったというわけですね。

オバマ候補の最近の言説はかなり地味な感じになってきて人の心を揺り動かす理想主義的な力は薄まりましたが、よく言えばより現実的な側面が強くなりました。ブッシュのアメリカからはかなり良い方向へ転換するのではないかと期待しています。

それにつけても、我が日本の政治は悪くなる一方ですね。政治家の人相も悪くなる一方です。麻生太郎さんも首相になってから一段と悪党面になってきました。小沢一郎さんも人相はよくないですが、麻生さんのおかげで若干得をしている感じです。あくまでも若干ですが。何も政治家に二枚目を求めるわけではありません。ただ、多少とも人間としての品位を感じさせる人相であってほしいです。心は人相に現れると言います。


ヒラリーvsオバマ

やっと決まりましたね

アメリカ民主党の大統領候補が予備選最終日の結果を待ってバラク・オバマになりました。正式には党大会で決定されるわけですから、今のところは大統領候補予定者と言うことになるのでしょうか。

それにしてもヒラリー・クリントンは当初絶対的本命と言われ、本人も自信満々だったのがこういう結末になるとは誰にも予想がつかなかったのではないでしょうか。善きにしろ悪しきにしろ今まではアメリカを語ることは世界を語ることでした。アメリカの一挙手一投足は世界をかき回してきましたが、これからはどうなるでしょう?

大統領選の次の関心はオバマが誰をランニングメート(副大統領候補:こういう用語があることを初めて知りましたが競馬でも使われるとか)にするかに移りました。オバマ=ヒラリーの組み合わせがプラチナ・チケットと言われ、民主党幹部もその意向が強いらしいですね。別にヒラリーでなくともマケインには勝てると思いますが、彼がどんな選択をするかには興味があります。

確かに同じ民主党ですから共通する点が沢山あるのは当たり前ですが、二人の価値観や問題意識、行動様式からすると、別の人物を選択するほうが「変化」という標語からイメージされる新しいアメリカを生み出す原動力になると思いますが、みなさん、いかがお考えでしょうか?

クリントン対オバマ  ENDGAME?

勝負の終わり?

長く熱い戦いにようやく幕引きの時が近づいてきたようです。特別代議員の数でかなりのリードを保ってきたヒラリー・クリントンですが、ついにバラク・オバマに追いつかれてしまったようです。クリントン支持からオバマ支持に鞍替えするケースもあり、民主党の有力者たちが相次いでオバマ支持を表明しています。ついにクリントン陣営も6月上旬に向けて撤退戦略をねっているそうです。

4年ごとに繰り返されるアメリカ大統領予備選の大騒ぎ。最初はなんとも無駄な大騒ぎと思っていましたが、今回の予備選を遠くから見ていて、時には貴重な大騒ぎにもなりうることを改めて認識しました。それは立候補者の資質に大いに左右される問題でもあります。デモクラシーとポピュリズム(民衆迎合主義)は盾の両面のようなもので、私たちは小泉狂躁曲の時にその苦い味をいやというほど思い知らされました。

バラク・オバマは予備選を通して多少のブレはあったものの、政治の使命はいかに理想を実現するかであることを一貫して訴えてきました。彼が今後どのような大統領になるかはまだ分かりませんが、久しぶりに品格を持った政治家が現れたと感じます。しかし、その理想主義がすんなりと実現できるほど、アメリカの政治・社会状況は生やさしいものではないし、国際的にもアメリカは種々の難問を抱え込んでいます。要するに、オバマは内外の数々の強敵と厳しい闘いを戦い抜かなければならないでしょう。不安と期待をもって見守りたいと思っています。

米大統領選と人種意識

アメリカの大統領選の状況を追っかけていると、日本の政治社会状況と比べていろんなことを考えさせられます。

オバマとヒラリーの一騎打ちはオバマ若干優位のまま約1ヶ月後のペンシルバニア州予備選までの間、ジャブの応酬に明け暮れることになったようですが、ここへきてオバマ陣営には困った事態が持ち上がりました。先週のこと、バラク・オバマが若い頃から師事していたジェレミア・ライト牧師の過激な発言がYouTubeに投稿されて、広く一般に知られることとなり、下手をするとオバマの命取りとなりかねない形勢となってしまったのです。
http://www.cnn.co.jp/campaign2008/CNN200803190005.html

それに対してオバマ候補は18日のフィラデルフィアの集会で、背後に星条旗を張り巡らせた演壇に一人で立ち、40分近い演説をしました。CNNはレギュラー番組を組み替え、このオバマの演説をライブで中継していました。偶然チャンネルを回すと、その演説が始まったばかりだったのですが、気がついたら最後まで観ていたのでした。

YouTubeの動画を観るかぎりライト牧師は、9・11の同時多発テロは、アメリカが自ら招いたものであり、ヒロシマ・ナガサキの原爆投下と同列の白人優位のイデオロギーが生み出したものだとか、ヒラリーは白人だから選挙ではオバマよりも有利だとか、相当にヒートアップした口調でまくし立てていました。その発言は、アメリカ社会の裏に潜んでいる根強い人種意識を過剰に暴き立てるものでした。

オバマはその前夜、自分で草稿を練って18日の演壇に立ちました。その内容は極めて分析的で論理も整然としたもので、いつもの理性よりも感性に訴える傾向の強かったスピーチとはかなり趣の異なったものでした。途中で起こる拍手にも身振りで答えることなく、笑顔を見せることもなく、最後に「人々を分断するのではなく統合することが大切だ」と言って演壇を去りました。この問題の結末がどうなるのか私には分かりませんが、アメリカ社会の深層を垣間見せてくれたことは事実です。

バラク・オバマの演説全文(2008.03.18:フィラデルフィア)


オバマはMacでヒラリーはPCか?

ニューヨークタイムスにちょっと面白い記事が出ている。

二人のWebSiteの比較の話だが、何となくオバマとヒラリーの人物評にもなっている。オバマのサイトがアップルのサイトの雰囲気に似ているのに比して、ヒラリーのサイトは濃いブルーの色遣いや直線で区切ってごちゃごちゃ詰め込んでいて、ガチガチのPC風サイトだと言っている。

オバマのサイトは時々覗いているが、ヒラリーのサイトは今日初めて訪問してみた。ニューヨークタイムズの記事によると、オバマをマックに、ヒラリーをPCに喩えるのは、選挙戦の中で結構流行ってるらしい。

そういえば、先週末だったか、NHKが特集番組の中で、ミズーリ州のセントルイスだかのオバマニアの若者たちがみんな申し合わせたように、15インチのマックブックを開いて打合せをしている様子を映していた。単なる偶然なのかもしれないが、それとなく分かる話ではある。ただ、PCのシェアは圧倒的だから、この話、選挙戦の行方には結びつかないとは思うが。

Is Obama a Mac and Clinton a PC?

米大統領予備選をめぐって

アメリカの大統領予備選がいよいよ面白くなってきた。オバマはますます勢いづき、ヒラリーはどんどん落ち込んでいる。テレビ画面に登場する両者の表情は余りにも対照的だ。それにしても、オバマの周りに集う若者たちのエネルギーは、陽気さと無邪気、素朴な熱気にあふれかえっている。その余りのボルテージに、おいおいお前ら、少しのぼせ上がってやしないかと、年寄りの冷や水を振り掛けてやりたい気もしないではない。

しかし、僕たちが若かった頃も大して違わない熱気にのぼせ上がっていたことを忘れたわけではない。1960年代から70年代にかけて燃え上がった熱気も、今から振り返ればそれほど上等なものではなかったと言えば、確かにそれはそうなのだが、しかし、今だからそう言えるのであって、その渦中にあった真の鼓動は、大いなる変革のエネルギーに通じるはずのものであった。

今、オバマの一挙手一投足に歓声を上げている若者たちの多くは、オバマを透して自分たちの理想の世界像の実現を夢見ているに違いない。ハイテクと軍需産業とデモクラシーという管理機構の中で出口を失って鬱屈していた若者の生命力が、バラク・オバマという宣教師の口から発するメッセージによって点火され燃え上がりつつあるという気がするのである。多くの共和党支持の若者までがオバマを応援するようになっているのは宜なるかなである。

いつの時代にも、若者の中には無限の未来がある。世界の変革は若いエネルギーにしかできない。革命の歴史をみると、そのリーダーは全て若者であり若者たちに支えられてきた。今アメリカで「オバマニア」と呼ばれ、ロックスターに歓声を送る若者たちの姿になぞらえて揶揄気味に囃し立てられているが、その熱狂は、今日の閉塞した状況を打ち破りたいという鬱屈した衝動によって突き動かされているように見える。

これが選挙戦中の単なる熱狂の一齣で終わるのかどうかはまだ分からない。オバマかヒラリーかにはまだ決着がついたわけではないし、共和党のマケインもなかなかしたたかである。ただ最も確率の高いのはオバマとマケインが戦ってオバマが勝つというシナリオだ。今後半年以上にわたる長期の選挙戦の間に、強固な産軍複合体によって支配されている合衆国の体制にどこまで亀裂を入れることができるかとなると・・??





ヒラリーvsオバマ

アメリカの大統領予備選の行方が俄然面白くなってきた。ここまで2勝2敗で今後もシーソーゲームが続くのかもしれないが、ここにきて風向きが変わりそうな気がしてきた。スーパー・チューズデーはどんな結果になるだろうか?

最新のニュースによると、J・F・ケネディ元大統領の娘キャロラインがオバマ支持を表明したかと思うと、元大統領実弟のエドワード・ケネディ上院議員までもが、中立を保つようにというビル・クリントンの要請を拒否して、オバマ支持を明言したらしい。

これが予備選の行方にどの程度の比重を持っているのか、現地の状況に疎いので判断の仕様がない。ケネディ家のオーラは今も神通力を持っているのだろうか。いずれにしろ、オバマは強力な援軍を得たというべきだろう。

それに比べてヒラリーの夫ビル・クリントンは前大統領にあるまじき下劣な言動で、妻を援護しているつもりだろうが、あれでは逆効果としかいいようがない。

個人的な願望から言えば、ヒラリー・クリントンの上昇志向とエリート意識の強さには辟易しているので、できればバラク・オバマに勝ってほしいものである。人間的にもヒラリーよりもオバマのほうがはるかに上等だと思う。
プロフィール

安井 武

Author:安井 武
フェルデンクライス研究会主宰
FCJ(Feldenkrais Club Japan)
演出家(劇団俳優座)
IFF 認定 Feldenkrais Practitioner

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
QRコード
QR
FCJへのご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
total
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。